上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約20年ぶりにアイロンを買い換えました。


aironn

こういうのです。
詳細はこちら→ http://www.toshiba.co.jp/living/lineup/irons/0149_k1_pic_01.html


つい最近まで使っていたのは、私が一人暮らしを始めた時に買ったもの。
親に買ってもらったものだったかも・・・
当時はコードレスアイロンなんてなくて、でもスチームは付いていたので
今まであんまり不自由なく使ってきました。

ところが先日、突然アイロンをかければかけるほど服が汚れていくことに気づき、
「これはダメだ~」と買い換えることにしました。
今までよく頑張ってくれたものです。


新しいアイロンはコードレスで、スチームもショットやシャワーなど機能が満載。
アイロン自体は以前のものより小さいのに重くて、
先も後ろもとんがっているのでワイシャツのボタンの間とかがかけやすい

旦那のYシャツ、今までは2週間分ためていたけど、
これからはもう少し頻繁にかけるかしら・・・?



スポンサーサイト
ミシン
この間から調子の悪かった私のミシン。
修理に持って行ったものの、修理費○万円と言われ、困ってしまいました。
つい先日からお仕事を始めたところで、少しずつお金を貯めて半年後くらいには
新しいミシンを買えたらいいなぁ、と主人には話していたので
「今買う気はないんだけど、説明だけ聞いていい?」とそこの販売者に聞いてみました。

そこには、先月発売されたばかりの新しいミシン。
説明を聞けば聞くほど私の欲しい機能にぴったりで、でもちょっとお高い。
そこでおじさん、「今壊れたミシンを○万円で治して半年後にこれを買うのと、
治さずにこれを下取りで取ってあげるから分割で買うのとどっちがいいかな?」と。

よくある手かもしれないけど、一理ある。
悩みましたね?。
私は高額商品は主人の意見も聞かないと安心して買えないので、
「一応帰って相談してからまた来ます。修理は保留にしといてください」
とミシンを預けて帰ってきました。

その日の夕食時、主人に相談してみると、「う?ん。一理あるけど、値段がね?。これくらいのだったらだめなん?」
と、広告のワンランク下のものを指差す。
そうだよね。あくまでも私の趣味のものだもの。
それくらいまでなら踏み出せる、という価値観は夫婦一緒なので想像通りの答えが返ってきました。

次の日からインターネットで私が欲しい機能(自動糸調子、自動止め縫い、自動糸きり、押えを水平に保つ)
を備えた機種を調べ、それぞれの値段も調べてこれかこれで、出せる金額はこれくらいまで、を決めました。

そしてミシン屋のおじさんの携帯番号を聞いていたので電話。
私「え?っと、修理じゃなくて購入したいと思ってはいるんですけど、何せ値段が・・・
  インターネットで調べて、これか、これで悩んでるんですけど・・・」


ミシン屋「あ?それだと、ネットだったら○万円台で出てるんでしょ?」

私「いえ、最安値は○万○千円でした」←ミシン屋さんが予想したよりさらに一万円安い(ほんとです)

ミシン屋「う?ん、うちは実店舗があるからそこまで安くはできないなぁ。この前は○万9800円まで下げたんだっけ?
     じゃぁ、○万5000円ならどう?」


私「う?ん、それでは主人が買っていいって言わないかも。」

ミシン屋「う?ん、これ以上は電話では言えないなぁ。俺、また明日は14時からお店にいるから来てくれる?」

私「はい、わかりました?」



そして昨日、再びあのミシン屋さんを訪ねて「これかこれにしたいんですけど・・・」と伝えると
どちらも丁寧に特徴を説明してくれて、私にも体験させてくれました。
そしていよいよ値段交渉。

私「インターネットで調べたらこれだったらこの値段で出てました」

ミシン屋「インターネットはねぇ、実店舗がなかったり、人件費があんまりかからなかったりするからぎりぎりまで安くするんだよ。赤字確定の値段で出しといて話題に上ったら宣伝になるから広告費の代わりに安くしたりすることもあるし。」

私「私もそれは理解してます。だから少々の値段の差があっても、できれば近くて修理に持って行けたり相談に乗ってもらえたりするミシン屋さんで購入したいんです。この機種も気にいったんだけど・・・」

ミシン屋「分かった!じゃあ○万8000円でどう?」←他の人に聞こえないような小さな声で。

私「え?!?いいの??ちなみに分割じゃなくて、夏のボーナス一括払いでもいいんですよね?じゃあ、買います!!

ミシン屋「あ?。俺、他の人にばれたら怒られちゃうなぁ。」

私「あ、フットコントローラーと大型テーブルとテフロン押えも付けてくれるんですよね?」←修理に持っていった最初の日に、今買ったらこれも付けるよ、と言われていたのでついでに言ってみた。

ミシン屋「え?っと、俺、○万9800円って言ったっけ?」

私「いいえ、○万8000円です!!」



というわけで、私の下調べと値切りによって、無事新しい相棒が今日、我が家に届けられました。
JANOMEのME830です。
brotherのフェリエ?(アデッソ?)と最後まで悩みましたが、
そのおじさんが、修理に出されるミシンでは圧倒的にJANOMEは少ないし、
布の貫通力においては絶対強いというので信頼してこちらにしました。
デザイン的にはフェリエ?の方が私好みだったけど、実際にその時持ち込まれていた
修理の機種が全てbrotherだった(ちなみに私が出したものもbrotherでした)ので。

今までのミシンが糸調子は自動じゃなかったし、ましてや糸切りも自動、止め縫いやボタン付け(ボタンホールじゃないんですよ!)までミシンがやってくれるなんて、驚きです。
あ?早く自分の作品で使ってみたい!!

使いこなせるかどうかはわかりませんが、これからしばらく楽しめそうです



あ、なんか「値切り方」みたいな文章になってしまったけど、伝えたかったのは

「欲しい機種をあきらめなくてよかった!!嬉しい!!」ということです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。